Sushi class on Jul 15th ’17

I offered a sushi cooking class for young couple from US.

I’m always happy to share all my knowledge of Japanese cooking and  food culture to people, mostly tourists who want to explore new world in Japanese cuisine.

Since I also have a license of Kiki-sake-shi, sake sommelier, it is my pressure to introduce Japanese sake to people.  People in my class sometime ask me how to choose good sake for drinking, for a gift and for bring it back to their countries.

Sake is fermented alcohol made from mainly rice, rice malt and water. Those ingredients  produce unique flavor, aroma, texture and umami in  each bottles. The  characteristics depend on the kind of rice,  process, water, and more in each brewery. Those combination create their own sake.

Today’s participants are interested in Sake. They’ve already enjoyed tasting sake during their trip in Japan.   Then I gave small “sake lecture” to them to understand sake better.

They are going to travel around Japan after the day. Hope the will enjoy sake in each region.

IMG_5628IMG_5629

Sushi tends to go with dry sake since the dryness wash out fishy taste in your mouth.   Hope you try!

 

Many thanks,

Kisshy

 

 

 

 

 

 

 

 

Ramen Cooking Class on June 23rd ’17

I had a Ramen class and the  participants are wonderful couple   came from London today.

IMG_5547[1]

 

You may figure out how cooking Ramen is complicated when you take the cooking class.  The key taste of ramen is how much  UMAMI containing in the noodle bowl.

I prepare some items for the ramen the day before.  Braised pork is one of them.  I tried to complete cooking ramen in 2 hours cooking time in the class, and I’ve tried to cook braised pork in an hour. However, the result is not good enough for me. May be I need more practice, but I couldn’t satisfied the taste and texture of the pork.  So I decided to cook in advance, the night before.

Many participants at the class were impressed on this braised pork. It takes time to cook, but the seasonings are quite simple: soy sauce, sake and sugar.

Cooked pork produces Umami a lot, so I used cooked sauce for ramen soup.

IMG_5502[1]

I like to use pork shoulder for braised pork, but can be substitute to other part of pork.

 

Adding hot water to cooked pork seasonings becomes nice ramen noodle soup. My ramen cooking containing more umami into a bowl though. How profound  to know umami and ramen!

Many thanks,

Kisshy

 

 

クラスの段取りに一歩前進

今日は4人のアメリカ人グループのお客さんと1名のイギリス人男性、そしてイギリス人のフォトグラファーはクラスの取材に来られました。

 

人と人の相性ってuniversal,(世界共通)なのですね。みなさんそれぞれ各国各都市からいらっしゃいますが、瞬間に意気投合される方々がいらっしゃるのです。今日出会ったお客さん同士は待ち合わせの時点ですぐ仲良くなり、にぎやかに自宅へ向かいました。お客さん同士仲良くして下さると、それだけで嬉しくて安心します。

 

そしてこのクラス、更に盛り上がるのです。アメリカ人4人グループの中で二人の女性はChristina Christine というお名前で似ている為、すでにそのお仲間の中で何故かAkiko というニックネームがついていました(笑)。クラスでは、そのアイデアを頂き、というか悪ノリして、皆さんに日本語の名前を付けて、クラスの中で呼び合うことにしました。

 

そして、Akiko, Shigeru, Sachiko, Yoko, Sho, Ben という昭和な名前を付け、ネームプレートもしっかりとエプロンに貼ってもらい、クラスではお互い日本の名前を呼び合いましょう、というルールにしました。この日本の名前がまた皆さんが喜んで下さり、それだけで盛り上がった、というわけです。

 

毎回6名のクラスの時は我が家の狭いキッチンだけでは動けず作業も限られてくるので、カウンターやダイニングテーブルをフル活用します。料理中には持て余している人がいないか、時間内にクラスが終われるか、キッチンがごちゃごちゃしていないか、ごはんを炊くのを忘れはいないか、などとても気を遣います。

 

これまでは、その日に使う食材や調味料を一緒に出しておいて、料理の段階でお客さんに分担してから、包丁の入れ方、切り方などを説明していました。6名ですと、お1人お1人に説明できる時間がありません。最初の人に人参の千切りをお願いしたら、3人目の方に味噌汁の具を切ってもらう説明をすると、その頃には最初の人参千切りが出来上がっています。

出来るだけ皆さんご自身で作ってみるhands on クラスにしたいので作業が同じくらいしてもらえるか気を配ります。

 

今までも56名のクラスがありましたが、上記のように持て余してしまう光景がちらほら、でも自分でも手を動かさないと進まない状況がよくありましたので試行錯誤を繰り返しているところです。特にこの日はTokyo.com の撮影取材が入りましたので、てんてこ舞いになっているところを撮って頂くよりも、少しでも整ってる方が、写真おさまりが良いですし。

 

 

今回は事前に野菜を料理ごとに分けて切りやすいように準備をしておおよその分担を考えておきました。これが想像を超えるほど、クラスがスムーズでした。楽しくクッキングをした後はランチタイム。みなさんそれぞれ観光のおすすめなど情報交換をされながら、「お料理美味しいですね」ですとか「ビールがあったらもっといいな」「あれば良かったですね(笑)」など会話も弾みます。この時間の中で自分のおすすめのお店などを共有します。

 

皆さんが楽しんで下さったようで今日もとても良いクラスになりました。このように、いつも素敵なお客さんに助けられています。

 

20160801_161949

 

_MG_4174

Photo by Ben Beech Tokyo.com

Japanese cooking class for Tokyo expats

I’ve welcomed 3 young expats came from Australia  today for Japanese cooking class. I had a request to cook Japanese dish with local ingredients since the guests have been in Tokyo for several month for their work.

I’m curious how does the people came from foreign country live in Tokyo.  In my experience, I’ve lived in the US for 10 years with my husband  and sometime missed  food in my country. Groceries in stores are different and didn’t figured out right away how to cook and how to eat.

Especially Japanese grocery doesn’t show the name in English on the package. I believe it is not easy for the expats to find out what to buy and how to cook the ingredients.

Youngsters are sweet and motivated so I enjoyed cooking with them and  had really good time to talk.

We cooked Salmon Nanban-zuke ( salmon marinated in soy sauce based sweet sour seasoning with veggies), cucumber with cream sesame dressing and eggplant with miso sauce.  Those menus are common dishes at home cooking and you can substitute other ingredients, that I explained.

All they enjoyed the cooking and the taste.  Thank you for the great review in TripAdvisor.

 

20170617_115758(0)

All they like the traditional Japanese dishes.

20170617_121446

Thank you for coming my class. Hope you all have a wonderful rest of your duty in Tokyo.

 

Kisshy

 

 

食材について①

今日はベルギーからのご夫婦とフランスからの男性、そしてしばらく東京に滞在しているフランス人の若い女性がいらっしゃいました。今日は偶然に皆さんフランス語を話される方が集まったクラス。情報交換をされた(多分??)フランス語で盛り上がっておられました。

 

教室でのメニューは鯵の南蛮漬け、きゅうりの胡麻和え、茄子田楽、薬味をたっぷりのせたカツオの刺身、ごはんと味噌汁でした。

 当クラスのメニューに関しては、和食の基本調味料(醤油、みりん、酒・味噌)が手に入ればどの国でも和食、又は和食に近い料理ができるようにレシピを提案しています。

 材料に関しては、名称が同じ野菜でも形や味が違うことが多いです。  例えば、茄子はどの国でも手に入るので夏から秋にかけてで教室ではよく使う食材です。 日本の茄子は一つが掌に収まるほどの大きさでへたが紫色です。しかし、アジア以外ではどっしりとして掌いっぱいに広げた大きさでへたが緑色の、いわゆる米茄子が主流です。教室では味噌の紹介とともに田楽味噌を作り、揚げ焼きにした茄子にのせるのですが、お客さんには日本独自の茄子は味が濃くてジューシーで美味しいですねと言われることが度々あります。

 教室に来られた方には、自国で茄子田楽を料理するときのアドバイスをします。米茄子は皮が固いのでところどころ縞状に剥いて、焼くときには油も吸収するので多めの油を使って料理をすることを勧めます。上手に揚げ焼きにすると、とろっとした食感が田楽味噌とよく合います。

 また、同じようにきゅうりも手に入りやすい食材として多用します。 日本のきゅうりは細くやや短く、種があまりないのが特徴です。ピクルスに使われる短くて太いきゅうりもありますが、種が多く皮が厚いので和食を作る時には工夫が必要です。きゅうりも日本のものと比べると皮が厚く固いので、茄子の様にピーラーなどで縞状に剥き、縦半分に切り、種の部分はスプーンでくり抜くようにしてから同じように料理すると良いですよ、とお伝えしています。

 日本の長ネギもアジア以外で見かけることが少ないので、日本でいう青ネギのような(spring onion でも代用できると伝えています。

 教室に来られる皆さんが料理好きで、自国に帰っても和食を作ってみたい、という方だけでなく、日本の家庭ではどんなものを作って食べているんだろう、と思われる方もいらっしゃるので、食材の手に入りやすさに関わらず、日本でしかないけれど旬の食べ物も紹介しています。

 夏の間はカツオのお刺身をみょうが、紫蘇、生姜をたっぷりのせてほんの少しずつお試し頂きました。カツオはたたきでないので、ちょっと味がお口に合うかな?と思いましたが、皆さん美味しそうに召し上がって下さりました。

 教室に来られる方の目的も、自宅に持ち帰って和食を作ってみたい方や、ローカルの食体験をしてみたい方など様々ですので、皆さんに少しでもお役に立てる情報の引き出しを作れるようにしたいと思いました。

 jul 29th

 

Ramen class for solo travelars

There are 2 guests from US today.

It is sometime not easy to make a class who is booked by one person since the class opens for 2 participants at the least.

This class was miraculously offered by two girls who had been in different county and almost same time.  They both offered ramen cooking, wow!

IMG_5475

I’m glad they enjoyed cooking ramen, the toppings and gyoza.  One of the girl had been in China and learned how to wrap gyoza ingredients with wrappers.  She shared how to make beautiful shaped gyoza.

Although they are early 20ish, they both often cook at their home and well done in the class as well.  Me,  “wait!  slow down, I can’t catch up for  tidy up, haha!”

They are so lovely girls. After we talked many things during lunch time,  I felt like I’m their mom in Japan, since I’m their mom’s age rather than their friend’s age.

I  wish their trip safety and great fortune in their future!

 

Thank you for giving me such a precious time! I appreciate your review on TripAdvisor.

Many thanks,

Kisshy

 

 

 

 

Japanese cooking Oyako-don and Tempura

There are two groups, one party of 4 from Florida US and the other party of 2 from Australia in the class.  All they are delightful and polite people so the class went very well, and nice socialized class.

Two women used to live in Japan for years ago, so they speak and understand some Japanese.  I’m always glad someone speak, someone tries to communicate in Japanese, that make me feel closer to them.

We cooked Oyako-don, tempura, spinach goma-ae ( spinach withcream sesame dressing), rice and miso soup.

Oyako-don is a rice bowl which is made of chicken and egg.  “oyako” in Japanese means parents and child (ren), you know, that is why this bowl is called as this name.

Pouring dissolved eggs into the pot for the finishing oyako-don cooking.

IMG_5382

We also cooked tempura for the side dish. I had a request from a couple from Australia how to cook tempura in advance, and  they learned my easy tempura recipe and I believe they brought back to heir home kitchen.

The participants get turn one by one to cook tempura.  They did great! Also had fun!

IMG_5376

IMG_5383

After tided up kitchen, I participate to the lunch and having chat with the participants. Now I’ve relaxed and I really like this time!

Thank you for sharing your experience when you were in Japan.

Many thanks to write your review on TripAdvisor!!

 

Best,

Kisshy

 

Ramen class and seasoned eggs

I’ve welcomed a couple from Australia.

I got a reservation from the husband to cook ramen in the class. They are expecting their first baby, so the wife has some food restrictions.

IMG_5417

As for our ramen menu, including gyoza and cucumber dish, there are no special attention expect “a seasoned egg” for ramen topping.  I usually serve soft boiled seasoned egg, but I’ve served hard boiled seasoned egg at this time.

I offer the seasoned egg  for ramen, since this is one of the indispensable  topping ingredient for ramen bowl in my class. The texture of eggs go with other ramen topping ingredients, such as crispy sautéed vegetables and moisture braised pork.  Most of  the ramen shops offer their original seasoned egg on the menu.   We,  Japanese like soft  boiled and runny-egg yolk which is seasoned with soy sauce flavor for ramen topping.

Preparing seasoned egg is quite easy.  Get ready soft or hard boiled eggs, soy sauce, sugar and mirin.  Warm up soy sauce, sugar and mirin in a small pot until sugar has just dissolved.  After cool it down as room temperature, transfer to a Ziploc.

IMG_5515

Add cooked eggs into the back and marinated for over night in a fridge.

IMG_5518

I usually cook it the day before the class, otherwise the egg doesn’t absorb the seasoning that enough.   It is also important to be peeled nicely whether the egg boiled as soft or hard.

Today’s guests enjoyed cooking and tasting  ramen as well as seasoned eggs.

Many thanks!

Best,

Kisshy

おもてなし 

今日はイギリスからの若い夫婦が来てくださりました。前日に東京に到着した翌日に教室にいらっしゃいました。滞在中は広島などにも旅行に行かれるそうです。

 通常は予約の段階でメニューを決める等お客さんとやり取りするのですが、その短いやり取りでもお人柄を伺い知れ、当日待ち合わせ場所でお会いするをワクワク・ドキドキ、時にはヒヤヒヤ(汗)良い人だったらいいな、と思いながらほとんどの場合緊張しています。

今回は奥さんがご主人の誕生日の為に料理教室をプレゼントしたい、という内容でした。言葉使いが知的で、素敵な方を想像していましたところ実際とてもチャーミングな方で、やはりご主人も同じく物腰柔らかで映画に出てくるような素敵なカップルでした。 いろんな方とお会いしているうちに、今度は人間観察にも興味がわいてきます。(笑)この方の誕生日プレゼントを成功させるために、出来る限りのことをしてあげたいと心を込めて教室を始めました。

 毎回お客さんは家に到着するとまずは手をきれいに洗ってもらい、テーブルに着席の後冷たい麦茶をお出しします。「これはお茶の種類で、ローストした大麦から出来たものです。日本の夏の定番の飲み物で、赤ちゃんからお年寄りまでみんなに親しまれていて、たぶん、どの家庭にも冷蔵庫に入っている飲み物なんですよ」といって提供します。

料理教室なので料理をすることが目的なのですが、毎回お客さんには自宅に招いておもてなしをするつもりでいますので、来てくださる方に、日本の生活習慣をお知らせしつつまずはリラックスして頂きたいと心がけています。

麦茶はほとんどの方にとって初めて口にする飲み物で、気に入って飲んでくださる方が多いです。しかしここで毎回言葉の壁があり、”Barley” という発音がうまくできず、通じない時には大麦を絵にかいて説明することもあります。それでも通じない時がありますが(汗)そんな時は”Wheat family” 等の単語を並べて、皆さんにとって未知の食材ではない事だけは伝えています。

 この日メニューは鯵の南蛮漬け、きゅうりのゴマ酢和え、茄子田楽、カツオのたたき、ごはんと味噌汁でした。通常副菜は2品ですが、前日にスーパーへ買い出しに行ったところ旬の新鮮なカツオのたたきが目に入ったので、日本でしか味わえない旬の味を試して頂きたく、ほんの少しですが、鰹のたたきにみょうが、生姜、紫蘇をたっぷりのせた小皿も用意しました。 

料理しながら日本とイギリスの調理器具など違いなど会話しながら楽しく実習しました。特に長い箸、菜箸に興味を持たれて、箸で料理をするのね!と喜んでおられました。 

20160728_155806

 

もはや当教室の定番となった南蛮漬け、胡麻和え、味噌田楽は今回も好評で、鰹のたたきも美味しい、と喜んで頂けてほっとしました。 そして最後にいつも手作りの抹茶ケーキをお出しするのですが、今回はお誕生日ということでサプライズに抹茶のカップケーキにフロスティングをして、キャンドルをともしてサーブしました。

 食事中もその後のお茶の時間も楽しい話が尽きず、イギリスでのお仕事など興味深い話を伺いました。 すっかりリラックスした後私が「毎回どんなお客さんが来られるのか、いつも最初は緊張してドキドキするんですよ」と話すと、彼らも「私たちも、異国の一般の家にお邪魔するからとっても緊張していましたよ」と仲良くお顔を見合わせながら仰いました。

 そうか、緊張しているのは私だけではなかったのか、とこの時改めて気づきました。私は以前客室乗務員の経験がありますが、お客様へのサービスは搭乗されてから、ひいては予約の電話からと教育されたことを思い出しました。 

 今の教室でのサービスを考えると、最初の予約のメールから少しでもお客さんに安心してもらい、待ち合わせ場所で対面し、家に来てもらう時にはリラックスしてもらうことも「おもてなし」なのだと感じました。かつての仕事の経験がこんな時に役立つものなのだな、と思ったのでした。

An Interview about Japanese food culture by Polish writers

I had an interview by book authors; Polish lady who is a Tokyo expats and a man who came from London.

This is the second time to come for the interview  following the last September.

She’s been researching Japanese food culture and food ways since she has started to live in Tokyo about 2 years ago.   She has already studied Japanese seasonal event and  festivals through hear experiences and readings.  Honestly it is embarrassing that she understands some of the cultural events and its origin better than me. wow!

She requested some recipes we, Japanese commonly eat in summer.    Then I offered “Hiyashi-chuka” , “mackerel in nanban marinade, Japanese style escabeche” “Eggplant nebeshigi“and  “Corn rice”.

Hiyashi-chuka means “Cold ramen noodle”.  I like this noodle dish during hot season rather than hot ramen noodle.  Most ramen shop, Chinese restaurant and some Japanese restaurant begin to offer this dish at this season with like those posters in front of the shop.

“Now we offer Hiyashi-chuka”  summer feature in Japan

冷やし中華始めました に対する画像結果  冷やし中華始めました に対する画像結果

This dish consists of julienned cucumber, julienned chicken breast or ham, julienned omelets, tomato wedges and  chilled noodle with soy sauce based sesame flavored dressing.

If you like ramen, this noodle is worth to try during the season.  It is not easy to find this dish during fall to spring seasons since we don’t feel like willing to eat this noodle when those cold seasons though.

 

IMG_5365

We also cooked nanban-zuke ( Japanese style eschabeche) and Egg plant nabeshigi ( cook with miso sauce), and rice cook with fresh corn.

They liked those menus as Japanese summer flavor.

Thank you very much to add my recipe to your book.

 

Many thanks.

Kisshy