レシピの作成 ①

今日は6名のファミリーがいらっしゃいました。 事前に牛丼の作り方を習いたい、というリクエストがありましたので本日のメニューは牛丼、温泉卵、茄子の田楽、きゅうりとわかめの酢の物、大根、油揚げ、みょうがの味噌汁でした。

 

牛丼は普段あまり作ったことが無かったので、いろんなレシピを参考に試作してみました。当教室ではレシピを作るまで同じメニューを最低3回は作ってみます。 有名料理店やCookpad、また日本以外の評判の良いレシピ等を参考に、教室で作りやすい手順を考えながら世界中どこでも手に入りやすい材料を使ってレシピを作りあげます。 試作を夕食にすることが多いので、家族には同じメニューばかりで申し訳ないなと思いますが、彼らの意見はいつも参考になります。ちょっと味が濃い、甘い、冷めたらおいしさ半減、これおいしい!など時には厳しく、時には嬉しい意見が聞けるのでとても助かっています。

 

さて、当日のお客さんはフランスからの家族でお父さんと3人のお子さん、そのご主人とガールフレンドの6名。 我が家の狭いキッチンに6人も迎えられるかが一番の心配でしたが、皆さん仲が良いので、椅子に座っておしゃべりしたり料理が好きな人は積極的に切ったり調味料を混ぜたりと楽しまれていたようです。

 

牛丼は順調に仕上げられていきます。牛丼にはぜひ中が半熟の温泉卵を添えたいと思い、黄身が固まって白身が半熟の不思議な卵を作りますよと説明していました。事前に3回ほど練習して自信を持てた温泉卵でしたので、満を持して卵を割り”Voila!!” と見て頂こうと思っていました。しかし、一つ割って出てきたのは、黄身があまり固まっていない卵・・・。生卵はお好きでない方が多いので、この日は牛丼と紅ショウガだけでサーブしました。 その後、他の卵を割ってみたらきれいな半熟卵でしたので、お出ししたらよかったと後悔しました。慌ててしまって、他の卵を割ってみる余裕が無かったんですね。

 

最初に配膳の見本を見せて、各自でどんぶりに盛り付け、和式のテーブルセッティングをしてもらいランチタイムとなりました。

 

皆さん美味しい!と言いながら召し上がって下さりました。 この日もホテルの朝食ででた納豆の食べ方が分からなかった、という話題となりまた納豆の紹介も出来、皆さんにご満足いただけた教室になりました。

 

どの料理教室も同じと思いますが、お客さんに満足いただける食事となるようにレシピの作成、練習は欠かせません。時間のかかる作業ではありますが、お客さんの「美味しい!」という感想を頂けるのが嬉しくてまたレシピの作成作業に前向きに取り掛かれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *